無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
7年後の自分
 2020東京オリンピックが決定してから1週間が経ったが、今だ興奮冷めやらぬ毎日。

7年間の経済効果は150億円とか試算を出したが、毎年景気回復で盛り上がってくるのかな。

来年からは消費税もアップし、国民の負担も強いられ、給料も上がるのならいいが・・・

東京は盛り上がっても北海道はどうなのかな?やはり冬季オリンピックを札幌で招致しないことには北海道の景気が上がらないのでは・・2026年度開催に向け、道も動くようだが。

今回のプレゼンで墓穴を掘ったのがスペインのサマランチジュニアと地元新聞の見出し。

ジュニアはあたかも2020はスペインで開催は間違いなしと謳い、東京は2024で頑張ってくださいとか、新聞にはIOC委員51名はスペインに投票すると実名で載せてしまったし。

こんなことをされたらどこの国の委員も「はいわかりました」と諸手をあげないだろうし、反感を買うだけだったに違いない。
こうして敵失とチームジャパンの素晴らしいプレゼンによって東京が決まったが、みんな考えることは7年後の自分かな。

私は還暦を過ぎてるし、出合った時ティーンエイジャーだった妻もフィフティーズだし、長女は結婚しているのか否か、次女は受験か?、息子はまだ小学生か、とか、ジムも30年を迎えるし、いろいろと考えさせられる7年間である。

ぜひとも新国立競技場で開会式を見てみたいものだ。
| アイアンジム | メディア | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Trackback
http://iron-gym.jugem.jp/trackback/2093